カプセルと錠剤

ミノキシジルで薄毛改善

AGA(男性型脱毛症)の登場により、薄毛・抜け毛は加齢による症状とは言い切れなくなりました。
AGAは男性に起こる症状で、生活習慣やストレスなどから薄毛・抜け毛が進行してしまう症状です。
そのため、年齢は一切関係なく、早い人であれば20歳前後から薄毛が始まってしまうのです。
ただ、薄毛が始まったからといって、急激に外見が変わるわけではありません。
ですので、本人としてもそこまで自覚がなく、仮に抜け毛などが目立ったとしても気のせいだと思い込むケースが多いです。
しかし、AGAは一度発症してしまうと、自然に回復することはありません。
何の対策もしなければ、そのまま髪が抜け落ちていく様子を眺めることになるのです。

ある程度歳を重ねた男性であれば、そこまで薄毛になったことを気にしないかもしれません。
しかし、20代男性からすれば髪は大切で、髪型ひとつで印象は良くも悪くも変化します。
薄毛はどうしてもマイナスイメージが付きやすく、良いと思っている人はそういないでしょう。
では、AGAによる薄毛を止めるにはどうすればいいのか…。
そこで活躍するのが、ミノキシジルをはじめとしたAGA治療薬なのです。

ミノキシジルは世界的にも有名なAGA治療薬となっており、髪の発毛サイクルを正すことによって、再び強くて丈夫な髪が生える状態に回復させてくれる医薬品です。
外用薬として患部に直接塗るタイプもあれば、ミノキシジルタブレットのように内服薬として服用し、体内から効果を発揮するタイプもあります。
どちらも同じミノキシジルではあるのですが、内服薬と外用薬という違いからメリットとデメリットにも違いがあります。
そこで、ミノキシジルを使ってAGA治療をおこなおうと考えている場合は、ミノキシジルタブレットのことも知ったうえで、内服薬と外用薬のどちらを使用するか決めるようにしてください。

薬のイメージ

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは発毛効果に優れたAGA治療薬となっており、乱れた発毛サイクルを改善してくれます。最近はミノキシジルタブレットのような内服薬も開発され、より効率よく成分を吸収しやすくなっています。

白い錠剤

内服薬の副作用

ミノキシジルタブレットは内服薬ということで、外用薬よりも効率よく発毛作用を発揮します。しかし、内服薬だからこそ起こる副作用もあり、それが多毛症なのです。ほぼ確実に起こる副作用と言われているので、必ず知っておきましょう。

コップと白いカプセル

プロペシアとの併用

プロペシアもミノキシジルと同じで、AGA治療に効果的な医薬品です。プロペシアは薄毛の原因となる酵素を直接抑制するはたらきを持っており、薄毛改善へのはたらきかけ方が違います。そのため、両者を併用しても問題はないのです。

たくさんのカプセル

コンテンツ一覧
「ミノキシジルタブレットのメリットとデメリットとは」のコンテンツ一覧です。