ミノキシジルの効果

薬のイメージ

ミノキシジルは最初からAGA治療を目的として開発された医薬品ではありません。
元々は血管拡張剤として開発されたのが始まりで、高血圧患者さんの治療を目的としていました。
ミノキシジルを使用することによって毛細血管が拡張され、血行が促進、血圧が低下するのです。
しかし、開発過程において体毛が濃くなるという多毛症が確認されました。
ここからミノキシジルは薄毛を改善させるための医薬品として使用されることになるという、偶然から生まれた医薬品なのです。

ミノキシジルの服用によって毛細血管が拡張され、それによって髪全体に栄養が行き渡るようになります。
これによって発毛サイクルが改善され、強くて太い髪が生える状態を作ってくれるのです。
薄毛の原因のひとつに、発毛サイクルの乱れがありますので、ミノキシジルはそれを改善させるのに最適なのです。

ただ、元々開発されたミノキシジルは、薄毛が進行している患部に直接塗布する外用薬でした。
外用薬であろうとその効果は確かなのですが、塗り方次第で効果にムラが出てしまいますし、肌が弱い人だとかぶれてしまうなどの問題もあります。
そこで最近開発されたのが、内服薬として体内から成分を吸収できるミノキシジルタブレットなのです。

ミノキシジルタブレットであれば、体内から成分を吸収できるため、全身に効率よく発毛効果を発揮させることができます。
ムラができることはありませんし、吸収も早いことから効果が出やすいのです。